在宅支援

我々の考える在宅支援とは

在宅医療とは、来局していただくことが困難になってしまった患者さんのご自宅や入居されている施設にお薬をお届けすることです。
訪問の際、服薬指導や薬の適正使用の確認を行いますが、わたしたちは何より患者さんに寄り添い、話に耳を傾けて、「患者さんが今どのようなことを考えているのか」、「何に不安や不満を感じているのか」を把握するように努めています。
飲んでいる薬は同じでも、人それぞれ家族背景や置かれている状況は違います。
特に宮古という地域においては、高齢化が進み、お年寄りのひとり暮らしも多かったり、被災地でもあることからも色々なことに不安をお持ちの方も少なくありません。
こういった部分にも配慮して、病気や薬のことだけでなく、患者さんを全般的にサポートできる存在になれることを目指しています。

宮古における在宅支援の現状とこれから

現在、医療技術の進展とともに薬物療法が高度化しており、チーム医療の中においても、薬の専門家である薬剤師が主体的に薬物療法に参加することが医療安全の確保から非常に有効であると言われています。
ですが、現実的にはチーム医療においての薬剤師の立場はまだ限定的であり、薬剤師が十分に活用されておらず、看護師等が居宅患者の薬剤管理を担っている場面も少なくありません。
 
ですが、宮古市は、限られた医療資源を有効に活用するため、「地域包括ケア」と「医療情報連携ネットワーク」が進められており、地域の薬局薬剤師として、職種間の連携を強化して薬の専門家としての役割を果たし、患者さんとその家族の生活をサポートしていくことが強く求められています。

このことを機会として捉え、われわれ薬剤師は、薬の専門家としての知識はもとより、現在であれば、バイタルサインや臨床の部分に関しても、より一層自己研鑽をしていき、チーム医療の中で意見を求められる存在になっていくことが重要であると考えています。
  
そのため、みなとや薬局においても、上記の事を滞りなく行うため、薬の情報以外にもバイタルサインや臨床などの研修、異業種との勉強会を継続的に行っています。
  
医療情報連携ネットワークに関しては、こちらをご覧ください
みなとや薬局の研修制度に関しては、こちらをご覧ください
ともに宮古の健康を守ってくれる薬剤師募集 新卒・中途歓迎みなとや薬局店舗一覧
クレジットカード使えます 会社情報

みなとや薬局の特徴

採用情報

 


MYNAVI_OFFICIAL_mynavi2017.jpg


バナー用デザイン.jpg
 
アクセス